白鳥法律事務所

さいたま市浦和区の経験豊富な弁護士が法的問題解決に取り組みます

TEL.048-822-8475

平日 9:00~17:00 夜間・土曜・日曜の相談受付中

素人の遺言は危険?

素人の遺言は危険?

最近はご本人で遺言書を書く方も増えています。

ご自身で遺言を書かれることを止める訳ではないですが、遺言作成に際しては、少なくとも一度は弁護士に相談することをお勧めします。

書店には遺言の書き方に関する本も沢山出ています。テレビや新聞でもそのような話題が取り上げられます。

自分で遺言を書こうとすることは理解できます。

しかし、素人が書いた遺言で、形式・様式をしっかり整えている遺言は、残念ながら、大変稀です。

遺言書らしきものが残されているのだが、その意味が不明確で、争いになることがあります。

残された人は、自分に有利にその意味を解釈しようとするのですね。

あるいは遺言としての法的効力に無効の疑いがあるがために、有効/無効を巡って争いになることもあります。

ご自分で遺言書を書かれた方は、記載内容が法的に問題かどうか、ぜひご相談ください。

足りない点、不明確な点をご指摘し、トラブルの無い遺言書の作成をアドバイスいたします。

banner2

« »