白鳥法律事務所

さいたま市浦和区の経験豊富な弁護士が法的問題解決に取り組みます

TEL.048-822-8475

平日 9:00~17:00 夜間・土曜・日曜の相談受付中

【特集】借金問題:それぞれの解決方法のメリット・デメリット

【特集】借金問題:それぞれの解決方法のメリット・デメリット

借金の返済に困ってきた時には、以下の4つの対処方法が考えられます。

  • 自己破産
  • B 債務整理(個人再生を含む)
  • C 債務の一本化
  • D 何もしない(そのまま支払い続ける)

以上、4つについて、いくつかの角度から、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

1、支払(返済)額での比較

「A、自己破産」が圧倒的に優れています。
サラ金や銀行債務・故人借入債務などの借金を支払わなくて良くなります。

「B、債務整理」は、借金額が圧縮されることになりますが、一定額は支払っていく必要があります。

「C、債務の一本化」、「D、何もしない」は、基本的には支払額は変わりません(債務の一本化により若干(金利の)支払額が下がる場合がありますか基本的には殆ど変らないと考えた方が良いでしょう)。

2、 ペナルティの側面

「C、債務の一本化」、「D、何もしない」の場合、いわゆる「ペナルティ」はありません。基本的に債権者に約定どおり払っていくのですから、当然かもしれません。

「A,自己破産」、「B、債務整理」に伴うペナルティのうち、大きなものは、いわゆるブラックリストに載ることです。

ブラックリストについては、<こちらのページ>で詳しくご説明しています。
あわせてご覧ください。

それ以外のペナルティは、あまり変わりません。
債務整理を行っても、破産をしても、ペナルティはあまり変わりません。
破産をしても、殆どの会社で勤務を続けることも可能となります。(詳しくはご相談ください。)

3、 債務整理の方法の中で、「民事再生」が勧められる場合

住宅ローンがあり、住宅ローンは支払い、家を残しつつ、他の債務の支払いを圧縮したい場合には、裁判所の介入によって借金問題を解決する「民事再生」がお勧めとなります。
一定の要件に適合すれば、持家を手放さずに借金整理ができることも、この民事再生のメリットとなります。

4、「債務の一本化」の危険性

「C,債務の一本化」は、一見スマートな方法のようにも見えますが、結局は問題の先送りで、更に債務額を増やしてしまいがちな方法です。
債務を一本化することで、小口の債権者には全額支払うことになります。

しかし、その後、お金に困った時に、別の金融業者から借りてしまうことが多いものです。往々にして、新たにお金を貸してくれる金融業者の金利は高いものとなります。

また、以前に借りたことがある金融業者からは、「また借りませんか」との甘い誘惑の連絡があることでしょう。
これまで付き合ってきた高利金融業者との縁を切ることはとても難しいものがあります。

その意味で、実は、債務の一本化よりも何もしないで、頑張って返していく方が借金問題の早期の解決となる場合が多いです。
その時は苦しくても、確実に債務は減っていくからです。

5、 今後も借りられるか、という不安

「C,債務の一本化」、「D、何もしない」場合には、今後も高利な金融業者からお金を借りることができるでしょう。
これまで困った時にはサラ金等から借金をして、お金を融通してきた人にとっては、困った時には頼りたいと考えるのでしょう。

このように考えてしまう方にとっては、借金問題の解決は難しいです。
借金問題の抜本的解決には、収入に見合った生活をしていく必要があります。

6、 借金問題の解決は弁護士に

借金問題の解決には、いくつもの方法があるわけですが、A、自己破産 B、債務整理については、弁護士を通じて、借金をゼロに、または無理のない返済ができるようにする方法となります。

白鳥法律事務所では、担当の弁護士が、あなたの収支の状況に応じて、借金問題の解決方法を考え、あなたの今後の生活再建に向けて親身になって取り組みます。

まずは、現在の自分の収支を見つめ直し、どこに無駄があるのか、無駄があったのか、検討することから始めましょう。

借金は日を追うごとに金利がかかります。
支払いが滞り、返済のために新たな高利な金融業者から借金を行う前に、不安になったらすぐに白鳥法律事務所へお電話ください。

白鳥法律事務所へのお問い合わせ

« »