白鳥法律事務所

さいたま市浦和区の経験豊富な弁護士が法的問題解決に取り組みます

TEL.048-822-8475

平日 9:00~17:00 夜間・土曜・日曜の相談受付中

生前贈与を受けた場合、相続額はどのように分けられるのか?

生前贈与を受けた場合、相続額はどのように分けられるのか?

たとえば、長男が父親から2000万円の不動産の生前贈与を受けたとします。父親が亡くなって、亡くなった時の遺産が全部で1億円だったとします。相続人は、亡くなった方の妻と、長男、長女の3人。法定相続分に従って分けるとどのようになるでしょうか。

民法903条は、「共同相続人(本件では、妻、長男、長女)の中で、被相続人から、生前、生計の資本などとして贈与を受けたものがあるときには(これを「特別受益」といいます)、被相続人の相続開始時の財産に、その贈与の価額を加えたものを相続財産とみなす」、と規定しています。そして、「贈与を受けた者は、生前に受けた利益の分を控除した残りだけを受け取れる」、と規定しています。

すると、上のケースでは、1億円に生前贈与の2000万円を加えた、合計1億2000万円が全体相続財産であるとみなされます。

そして、長男の法定相続分は本件で4分の1ですから、受け取れるのは3000万円分となります。ところで、長男は生前に既に2000万円分の贈与を受けています。すると、相続の時に受け取れるのは残額の1000万円分となります。

このケースでは、生前贈与をした場合としなかった場合とで、長男の受け取れる分は同じ(=3000万円)となります。

このように、中途半端に生前贈与をしても意味の無い場合もあります。
生前贈与をする場合も、ぜひ白鳥法律事務所にご相談ください。

 

banner2

« »